メニュー

TOP > 商品一覧 > 【イタリアン】トラットリアチャオ > 食事 > トリッパとギアラのトマト煮
説明

※写真は盛りつけイメージです

【内容量】
180g

【おいしくいただくポイント】
バゲットに乗せたり、パンに挟んでもおいしいです。

耐熱容器に盛りつけてお好みのチーズを乗せ、オーブンで軽く焼くのもオススメです。
チーズに少し焦げ目がつくと、香ばしさがプラスされます。

【成分表示】
ハチノス、ギアラ、玉ねぎ、人参、セロリ、にんにく、トマトホール、オレガノ、塩、こしょう、鶏ダシ

※原材料に鶏肉を含む
※10℃以下の冷蔵庫で保存して、10日以内にお召し上がり下さい。

とろけるイタリア版モツ煮

牛の第2の胃「トリッパ(ハチノス)」と第4の胃「ギアラ」の、トマト煮込みです。
下ごしらえで3回も茹でこぼしたトリッパとギアラは、とろとろコリコリの食感。
野菜の甘みを引き出したトマトベースは、酸味が感じられないまろやかさ。

トリッパとギアラは、下ごしらえをしたあと、白ワインで煮込みます。
最低でも2時間かけて煮込むことで、びっくりするやわらかさになります。

トマトベースは、弱火で30分以上炒めた野菜で甘みを出して、とろとろのやわらかさ。
野菜の旨みをまとったトリッパとギアラ、モツ好きの満足度も高い一品です。

トリッパとギアラのトマト煮

  • 赤に合う

とろけるイタリア版モツ煮

牛の第2の胃「トリッパ(ハチノス)」と第4の胃「ギアラ」の、トマト煮込みです。
下ごしらえで3回も茹でこぼしたトリッパとギアラは、とろとろコリコリの食感。
野菜の甘みを引き出したトマトベースは、酸味が感じられないまろやかさ。

トリッパとギアラは、下ごしらえをしたあと、白ワインで煮込みます。
最低でも2時間かけて煮込むことで、びっくりするやわらかさになります。

トマトベースは、弱火で30分以上炒めた野菜で甘みを出して、とろとろのやわらかさ。
野菜の旨みをまとったトリッパとギアラ、モツ好きの満足度も高い一品です。

説明

※写真は盛りつけイメージです

【内容量】
180g

【おいしくいただくポイント】
バゲットに乗せたり、パンに挟んでもおいしいです。

耐熱容器に盛りつけてお好みのチーズを乗せ、オーブンで軽く焼くのもオススメです。
チーズに少し焦げ目がつくと、香ばしさがプラスされます。

【成分表示】
ハチノス、ギアラ、玉ねぎ、人参、セロリ、にんにく、トマトホール、オレガノ、塩、こしょう、鶏ダシ

※原材料に鶏肉を含む
※10℃以下の冷蔵庫で保存して、10日以内にお召し上がり下さい。

¥880 税込
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む